スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三味線弾き女(琉球古代玩具)

ryuukiu1

ryuukyuu2

ryuukyuu3

ryuukyuu4


戦前の沖縄の郷土玩具。練物の「三味線弾き女」である。やはり、古い戦前(昭和20年以前)の作品は、心を魅了する力がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

尾類(じゅり=遊女)」の遊芸姿でしょうか。…こちらで江戸時代の頃、「吉屋鶴」なる若い、歌詠み上手の尾類が公娼街の一、「仲島」に居たと伝えられていて、「生きる悲しみ」を新古今集風の比喩と技巧で詠い上げた「伝・吉屋作」の琉歌が数首残っています。…この人形の締まった面立ちは、感傷的な甘さを切り捨てた吉屋の歌の世界に一寸繋がる処があるように感じます…

No title

蝶々深山さん、コメントありがとうございます。

たかが玩具、されど玩具です。この様な玩具が伝えられる世界こそ、日本文化だと考えています。

残念ながら、多くの郷土玩具が第二次世界大戦の終戦を境にして、現代に近づくほど、一部の例外はありますが、日本文化(この人形の場合は琉球文化でしょうか)からかけ離れてしまうようです。

プロフィール

木童舎の教室

Author:木童舎の教室
FC2ブログへようこそ!

木童舎コレクション(あれこれ)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。