スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝倉英次作品

asakura


asakura2


「木童舎」の伝統こけしコレクション中、好きなこけしの一つである。古品も所蔵するが味わいが異なるので、比較出来ない。古い面影を宿す描彩からは「古風」という風情が窺える。制作年代は昭和30年代後半と思われる。筆の走りが鋭く、スピーディーであり、それでいて柔らかい。この柔らかさだけが「こけし千夜一夜物語」第516話の英次こけしと異なる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「手際が良く、きつい面描」としばしば評される英次ですが、時々このような「柔らかさ」を感じるこけしも残してくれている処は本当に嬉しい限りです。…古風で無駄な甘さは無く、胴のぼた菊?の形の美しさも同系中では筆頭格だと思います。

No title

蝶々深山さん、コメントありがとうございます。

蝶々深山さんの言う通りで、私の写し方が下手なため、胴と頭のバランスが悪いように写っていますが、実物は美しいフォルムでバランス良く、胴模様をいっそう引きたてています。

残念ながら、英次工人も生前にお会いしていません。出来ればお会いしておきたかった工人の一人です。
プロフィール

木童舎の教室

Author:木童舎の教室
FC2ブログへようこそ!

木童舎コレクション(あれこれ)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。