佐藤照雄作品№1

佐藤照雄作(7寸・昭和36年頃作)

DSC01493teru.jpg

昭和30年代中期の佐藤照雄工人作です。この伝統こけしからは、映画「三丁目の夕日」を観た時に感じた、どこか暖かく、懐かしいものを観る事が出来ます。これは、昭和30年代に幼少期を過ごした人達が、だれでも感じとる事が出来るノスタルジーかも知れません。

昭和30年代に小学・中学時代を過ごした私には、この照雄工人作の伝統こけしは、時代そのもので、ジーッと観ていると心にほのかな懐かしさを満たしてくれます。

暖かで、優しいほほ笑みの表情からは、その当時子供であった私から見た、当時の母親や近所の優しく、親切な大人の人達の心情を感じとる事ができるのです。

一筆目という簡素な描彩でありながら、これだけの表情を創り上げた照雄工人作の伝統こけしは私の心をつかんで離しません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木童舎の教室

Author:木童舎の教室
FC2ブログへようこそ!

木童舎コレクション(あれこれ)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR