小倉勝志作品(昭和44年7月作?)

小倉勝志(26cm・昭和44年7月作?)

 DSC06247 (515x800) 

 
小倉勝志工人の初期作です。胴底に44/7の書き込みがあることから昭和44年7月作と考えられますが、制作は6月かも知れません。



kokesiwikiの「小倉勝志」の項では初期作として昭和44年6月作と8月作が掲載されていますが、この作品を見る限り6月作に近い気がします。6月作が初作ということですので初作かそれに近い7月作と考えています。

木地は昭和41年頃より父篤について修行をしたとされていますが、木地形態及び描彩ともまだたどたどしさがあり、後年の作品とは雲泥の差があります。 

 
ただし、本稿のこけしを始めとして、初期作の作品では顔(目)の描彩から、小倉系統の本流を受け継ぐ(受け継がなければならない)勝志工人の強い意志を感じ取ることが出来ます。

スポンサーサイト

再掲・佐藤春二作品(今三郎型)

佐藤春二作(1尺・昭和40年代?)


DSC05652 (350x640)

佐藤春二の今三郎型復元作品です。色々検討した結果、春二作となりました。

國分栄一作品

國分栄一作品群DSC03861 (800x585)
 
 最近、入手した國分栄一工人の作品群を送られてきた段ボール箱に広げたところ、昔、伝統こけしが売られていた時代の情景が脳裏に浮かんできました。



今、ネットオークッションで話題になっている大正~昭和の初め頃に作られた、保存極美の古品こけしも、その時代ではこのように無造作に店頭や工人宅に並んで売られていたのでしょう。そして、値段も1本数十万円もするほどの事はなく、栄一作品を求めたぐらいの値段で売られていたのではないでしょうか。 

この栄一工人の作品群を見ていると、栄一工人の技量の高さと、作品の質の良さが肯けます(オークションの古品の中にも「國分栄一?」と表記されていたものがありました)

大野栄治作品

大野栄治作 8寸
大野栄治 

    木童舎コレクションには、1万点近い伝統こけしがありますが、ガラガラと音を出す工夫をしているこけしは、そう数はありません。玩具らしさを演出するガラガラの装置は頭部をくり抜きに、閉じ込めているので、中々内部見ることが出来ません。  

 
私のコレクションには、何点かの大野栄治がありますが、最近入手した栄治こけしは、頭を振ると、乾いた軽やかな音が聞こえてきます。ガラガラという音を出す工夫がなされていて、豆類とは違う音色なので、どんな材質が入っているのであろうかと気になり、頭部の蓋をこじ開けてみました。

開けてみたところ、小石が数点入っていていました。 戦前のこけしでは音を出す頭部に入れる材質はあずきなどの豆類を入れてあると聞いていますが、小石を入れてあるのも存在するかもしれません。ただ、余り聞いたことはありませんが、豆類に比べて、もっと軽やかな乾いた音がする材質として、小石は面白いと思います。 

頭部の小石

大野栄治頭部

本田亀寿作品 №1

本田亀寿作(6寸・昭和30年前後)
DSC01539ko.jpg

亀寿工人の昭和20年末から昭和30年ごろの作品です。顔の表情にはまだ戦前作の面影が見れますが、胴の模様と形態は戦後作となっています。

佐藤辰雄作品№1

DSC01500koke2tatu34.jpg


佐藤辰雄作品の顔部分のクローズアップです。幼子の雰囲気を端的に現しています。「佐藤春二」が描く乳飲み子の表情に比べ、ほんの少し歳が上で、まだ男女の性別が不明の、幼児を思わせる表情をしています。昭和30年代初め頃には、この様な伝統こけしが作られていたのです。その当時は、いろいろ批評されたのでしょうが、今になれば得難い作品です。ネット上でもこの時期の辰雄本人型作品は多く掲示されていないので、掲載しました。


佐藤辰雄作・本人型(1尺・昭和30年代)
DSC01499koke1.jpg

新山久治作品

弥治郎系の中でも、好きなこけしの一つ。この作品は戦後作であるが、戦前作とか戦後作とか比べる事がいかに無意味かが知れる。

RIMG0026kyuuji4.jpg

井上四郎作品 №10

DSC05947sirou4.jpg

あと何点か四郎工人の作品があるが、今は見つからない。

井上四郎作品 №9

DSC05946sirou3.jpg

井上四郎作品 №8

DSC05945sirou2.jpg
プロフィール

木童舎の教室

Author:木童舎の教室
FC2ブログへようこそ!

木童舎コレクション(あれこれ)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR