スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤 文吉作品

 佐藤文吉作1尺の作品です。制作年は胴底に「二十七年・佐藤文吉・二十九才」と記入があります。『手帖73号』には矢内謙次氏が「こけしの変遷 佐藤文吉」というタイトルで佐藤文吉作品をまとめられています。その中で昭和26年作の2本が掲載されていますが、昭和27年作のものは掲載されていません。
 文吉作品は戦前作もありますが、余り作らずにいて、極めて数が少ないという事です。戦後は昭和26年12月に中屋惣瞬氏が注文した5本が戦後の初作で、同じく中屋氏が昭和27年12月に注文した5本以外には初期作と呼べる作品はないようで、今回掲示の作品はその内の昭和27年12月作の1本であるかも知れません。
 この作品を最初に観た時は文吉作とは認識していなくて、ただ、何か心に引っかかるものがあり、胴底のサインを確認して、初めて文吉こけしと分かった次第です。
 この文吉こけしは、『手帖27号』掲載の文吉こけしの内、大寸の方に描彩が近く、ただ大きく異なるのは黒色のロクロ線が描かれていないだけで、細かな違いがあるにしても、昭和26年12月作と同じタイプに類するものとなっています。
 矢内謙次氏は『手帖72号』の中で、「昭和26年12月作は表情甘く、描彩も稚拙だが・・・・・」と述べられていますが、この昭和27年作については稚拙さはなく、3筆で描かれた前髪と力強く筆太で書かれた両鬢の描彩は、胴体の特異な菱菊模様と相まって、新鮮さ(斬新)を覚え、魅惑的な作品になっています。

DSC01882bunn1.jpg
 

 鬢飾りは前からは見えない位、両鬢から後方に離れて描かれていて、これも余り見かけない描彩です。
DSC01883bun2.jpg

 また、頭部後方に描かれる三山の描彩は普通、一つだけであるが、27年作の文吉こけしは、髷を中心として、緑の絵具で2つに分けて描かれている。この描法も余り見かけた事がなく、私は初見でした。
DSC01885bun3.jpg

以上、つい最近入手した昭和27年作の文吉こけしを紹介しました。私の記憶では、何年か前のネットオークションで古い文吉こけしが一度に数多く出品された事を覚えていますが、その中に、昭和26年、27年作があったのかは、今となっては分かりません。
 もし、その中に文吉こけしの戦後作初期作品(昭和26年。27年作)があったのであれば、もう一度、この眼で見て観たいと、この昭和27年作品を入手してから、思うようになりました。
スポンサーサイト

小林 善作作品

DSC01537ko.jpg
 制作年不明であるが、晩年作の善作こけし。「第3次こけしブーム」と呼ばれている平成20年代においては、当代収集家にむかえ入れらる可能性が多々ある作品と思うが、ベテラン収集家には端にも掛けて貰えないかも知れない。

 ただ、この作品には戦後亡くなった戦前からのこけし工人が陥ってしまった晩年作の崩れは無く、師匠の佐藤丑蔵60歳代作こけしと共通する魅力を持つ。この作者は、晩年作は晩年作で観られる作品を制作した。

奥山喜代治作品 №2・№3

奥山喜代治作 (大3寸、小2寸・昭和30年初期)
DSC01540ko.jpg

寸法の小ささから「可愛~い!」と言いたいところですが、何処となく大人びた雰囲気をもつ作品です。目元、口元のかすかにほほ笑む描彩から、顔の表情が成人女性の色香を感じさせる様な不思議なこけしに作られています。

この二本のこけしを部屋で観ていると、雪深い肘折温泉にある湯治旅館の「女将さんと娘さん」に、いつの間にか肘折の昔話を語り聞かされているような気持ちにさせられています。

奥山喜代治作品№1

奥山喜代治作 (6寸5分位・昭和30年代初期)

DSC01535ko.jpg

画像では分かりにくいが胴体中央部は鳴子こけし風にすぼまっています。胴と頭のバランスは画像で観るよりも良く造られています。

喜代治のこの手のこけしは昭和50年代では10万円ぐらいの相場と記憶していますが、記憶違いかも知れません。

昭和30年代前半の作品と思いますが、肘折こけしの古風さを備えていて、好きなこけしの一つです。

佐藤巳之助作品 №19 ?型(31㎝)

巳之助19



この型を「たつみ」の森さんが何と呼んでいたか、忘れてしまった。昭一工人のカタログでは「新昭和」
となっている。




テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

佐藤巳之助作品 №18 昭和黄胴帯アリ型(昭和42年作 30㎝)

巳之助18



昭和42年7月頃制作の昭和型作品。三白眼の形と違い、観賞者の方もまだ、力を入れずに、観賞できる作品。これが、昭和47年頃の三白眼になると、観る方も相当にエネルギーが要る作品になる。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

佐藤巳之助作品 №17 古型(昭和47年作 29㎝)

巳之助17



いわゆる、昭和40年代の第二次こけしブームの時に、肘折温泉で発見された古い肘折こけしの復元作。この作品は材がケヤキで入手当時はピカピカに光っていたが、40年近く経って木地に落ち着きが出始めている。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

佐藤巳之助作品 №16 キツネ目帯アリ型(制作年不明 30㎝)

巳之助16



今まで、私のうろ覚えで「たつみ」の森さんが何々型と呼んでいた名称をタイトルに付けているが、正確ではない事をお断わりしておく。

確か、この表情の様につりあがった目の作品を「キツネ目」型と呼んでいたように記憶しているので、タイトルに「キツネ目型」と入れた。

制作年は昭和40年~44年頃の作と思えるが、確かには分からない。何か「物の化」に取りつかれた様なエキセントリック目をしているが、この作品を中古で観た時に、保存状態など関係なく、すぐに入手した。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

佐藤巳之助作品 №15 明治末年白胴帯ナシ型(昭和47年頃作 36㎝)

巳之助15


明治末年頃の周助を写したもの。オリジナルは観ていないが、表情の明るさと、胴模様の鮮やかさは強く印象に残る。

多分、周助もこの頃(明治末)は精神的に楽しめ、ゆとりある生活が送れていたものと思われる。巳之助も昭和47年頃は「たつみ」の森さんとの共演で、十分に恵まれた生活を過ごせるまでになっていたので、これだけの作品を生みだしたものと思う。

肘折の周助写しというよりも、仙台の巳之助作品と呼ぶ方が当たっていると思う。それほど都会的な明るさを持つ作品に仕上げられている。周助は周助、そして、巳之さんは巳之さんであって、周助作品と比較すべきものではないと、私は考えている。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

佐藤巳之助作品 №14 大正黒頭白胴帯アリ型(昭和47年頃作 35㎝)

巳之助14


このこけしを「たつみ」で入手した時、顔の部分が黒ずんで来たので交換をお願いしたら、森さんは気前よくもう一本、同手をくれた。くれた、もう一本の方は見つからないのでアップ出来ないが、顔の黒ずみは長年月の経過で気に成らなくなり、巳之助の代表作の一本になった。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

木童舎の教室

Author:木童舎の教室
FC2ブログへようこそ!

木童舎コレクション(あれこれ)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。